本文へ移動

構造とヒント-チャンネルロールブラシ

チャンネルロールブラシの製造工程

チャンネルロールブラシ
・コの字型金具の内側の容積内にブラシ毛材を密集させたブラシの工法です。                
                
・コの字型が鋼材の種類にある「溝型鋼」をチャンネルと呼ばれることから、ブラシの世界でもチャンネルブラシと呼ばれています。
またブラシ業界内では古い呼称でユーセンブラシとも言われています。

・平たい鋼板(フープ材)を徐々にローラーにて力を加え曲げていきコの字型に成型していきます。

・コの字型金具の内側にブラシ毛材を芯線中心に二つ折りにし、さらにコの字型金具の立っている両肩の側面をローレットにて圧力をかけ強固にかしめます。

・ブラシ毛材は芯線を中心に二つ折りに曲げるために脱毛しにくい構造になります。

・チャンネルブラシ金具の材質は亜鉛メッキ鋼板(SS)・ステンレス(SUS)になります。

・ブラシ植毛後、最終工程にてブラシを指示寸法に刈り揃えます。
カッティング(毛刈り)は専用のカッターまたはバリカンなどで切り揃えます。

・チャンネルブラシの原型は直線になります。
コの字型鋼板は比較的に薄いため曲げ加工も可能になります。
但し、限度を超える曲げは両側からかしめてある金具の開きの要因となり、脱毛の原因となるため注意が必要になります。

・曲げ加工により1回転させ、ブラシ毛材が外側になるものが「チャンネルリングブラシ」 となり、逆にブラシ毛材が内側になるものが「チャンネル内巻きリングブラシ」となります。

・曲げ加工により連続的に回転させ、ブラシ毛材が外側になるものが「チャンネルコイルブラシ」 となり、逆にブラシ毛材が内側になるものが「チャンネル内巻きコイルブラシ」となります。

・ブラシ毛材が垂直になり且つ曲げ加工を施したチャンネルブラシを「チャンネルカップブラシ」と呼びます。
 
・チャンネルロールブラシはシャフトやパイプなどに巻き付けるために必ず螺旋状になります。
チャンネル金具同士が密着している場合の巻き方をチャンネルロールブラシ密巻きとなります。
チャンネル金具同士が間をもうけた場合の巻き方をチャンネルロールブラシピッチ巻きとなります。
ピッチ間隔は任意に設定可能です。                

・ご不明な点があれば弊社・担当者までご連絡いただきますよう宜しくお願いいたします。

構造

 直線チャンネルブラシを直接シャフトコア部(パイプやドラム)に巻き付けます。
 直線チャンネルブラシを直接シャフトコア部(パイプやドラム)に巻き付けたもの

■チャンネル外巻きコイルブラシ

チャンネル外巻きコイルブラシ

■チャンネル外リングブラシ

チャンネル外リングブラシ

■シャフト付ピッチ巻きチャンネルロールブラシ

シャフト付ピッチ巻きチャンネルロールブラシ

■シャフト付密巻きチャンネルロールブラシ

シャフト付密巻きチャンネルロールブラシ

■シャフト付ダブルヘリカルチャンネルロールブラシ

シャフト付ダブルヘリカルチャンネルロールブラシ

■シャフトドラム付ピッチ巻きチャンネルロールブラシ

シャフトドラム付ピッチ巻きチャンネルロールブラシ

■シャフトドラム付密巻きチャンネルロールブラシ

シャフトドラム付密巻きチャンネルロールブラシ

■シャフトドラム付ダブルヘリカルチャンネルロールブラシ

シャフトドラム付ダブルヘリカルチャンネルロールブラシ

■軸付きチャンネルブラシ

軸付きチャンネルブラシ

■チャンネル内巻きコイルブラシ

チャンネル内巻きコイルブラシ

■チャンネル内リングブラシ

チャンネル内リングブラシ

■チャンネルカップブラシ

チャンネルカップブラシ

(378KB)

チャンネルロールブラシの簡易図面になります。さらに下段にも詳細なチャンネルロールブラシ図面を設置しました。是非、ご活用ください。
※A4縦型サイズにてプリントアウトできます。
簡易式書き込み型のため直接、数値を記入していただいても結構です。
これらを参考にお好みの形状のブラシ制作図に発展させてみても良いと思います。

規格表

チャンネルブラシ規格
金具幅
金具高さ
金具材質
#3
3
4
亜鉛メッキ鋼板またはSUS
#5
5
6
#6
6
7
#8
8
9
#10
10
11
#13
13
14
チャンネルブラシ外巻(毛が外向き)・最小内径
亜鉛メッキ鋼板
SUS
#3
6
12
#5
10
15
#6
20
30
#8
30
40
#10
50
80
#13については基本的に直線形状のみでお考え下さい。
上記寸法はあくまで目安であり、植毛条件、ブラシ材により製作の可否があります。
チャンネルブラシ内巻(毛が内向き)・最小外径
亜鉛メッキ鋼板
SUS
#3
40
50
#5
50
60
#6
80
90
#8
100
200
#10
200
#13については基本的に直線形状のみでお考え下さい。
上記寸法はあくまで目安であり、植毛条件、ブラシ材により製作の可否があります。
チャンネルブラシカップ形状(毛が垂直にて円弧)・最小内径
亜鉛メッキ鋼板
SUS
#3
20
45
#5
40
55
#6
60
80
#8
80
100
#10
100
150
#13については基本的に直線形状のみでお考え下さい。
上記寸法はあくまで目安であり、植毛条件、ブラシ材により製作の可否があります。
チャンネルブラシ直線・最低高さ(H)
亜鉛メッキ鋼板
SUS
#3
8
8
#5
10
10
#6
12
12
#8
16
16
#10
20
20
#13
30
30
上記寸法はあくまで目安であり、植毛条件、ブラシ材により製作の可否があります。

パイプ ガス管(SGP)標準規格表

パイプ
外径
17.3φ
21.7φ
27.2φ
34.0φ
42.7φ
48.6φ
60.5φ
76.3φ
89.1φ
10A
15A
20A
25A
32A
40A
50A
65A
80A
パイプ
厚み
2.3mm
2.8mm
2.8mm
3.2mm
3.5mm
3.5mm
3.8mm
4.2mm
4.2mm
パイプ
外径
101.6φ
114.3φ
139.8φ
165.2φ
216.3φ
267.4φ
318.5φ
355.6φ
406.4φ
90A
100A
125A
150A
200A
250A
300A
350A
400A
パイプ
厚み
4.2mm
4.5mm
4.5mm
5.0mm
5.8mm
6.6mm
6.9mm
7.9mm
7.9mm

シャフト加工例

植込みロールブラシを製作するにおいて抵抗が強い、負荷が大きい場合にはまわり止めをブラシ台やシャフト加工します。
植込みブラシロールブラシ シャフト加工例
 
 

図面ダウンロード

28チャンネルリングブラシ単体(ブラシのみ)・参考図

(2017-08-29・25KB)

29チャンネル内巻きリングブラシ単体(ブラシのみ)・参考図面

(2017-08-29・27KB)

30チャンネル内巻き半割れリングブラシ(ブラシのみ)・参考図面

(2017-08-29・29KB)

31チャンネル内巻きリングブラシ・金具付・参考図面

(2017-08-29・30KB)

32チャンネルコイルブラシ単体(ブラシのみ)・ピッチ巻き・参考図面

(2017-08-29・30KB)

33チャンネルコイルブラシ単体(ブラシのみ)・密巻き・参考図面

(2017-08-29・30KB)

34チャンネル内巻きコイルブラシ単体(ブラシのみ)・ピッチ巻き・参考図面

(2017-08-29・30KB)

35チャンネル内巻きコイルブラシ単体(ブラシのみ)・密巻き・参考図面

(2017-08-29・30KB)

36チャンネル内巻きコイルブラシ・パイプ金具付・参考図面

(2017-08-29・28KB)

37チャンネルロールブラシ・シャフト付・ピッチ巻き・参考図面

(2017-08-29・29KB)

38チャンネルロールブラシ・シャフト付・密巻き・参考図面

(2017-08-29・31KB)

39チャンネルロールブラシ・コア部シャフト付・ピッチ巻き・参考図面

(2017-08-29・32KB)

40チャンネルロールブラシ・コア部シャフト付・密巻き・参考図面

(2017-08-29・32KB)

41チャンネルロールブラシ・パイプ付・ピッチ巻き・参考図面

(2017-08-29・35KB)

42チャンネルロールブラシ・パイプ付・密巻き・参考図面

(2017-08-29・34KB)

43チャンネルロールブラシ・パイプ回り止め付・ピッチ巻き・参考図面

(2017-08-29・35KB)

44チャンネルロールブラシ・パイプ回り止め付・密巻き・参考図面

(2017-08-29・35KB)

45チャンネルロールブラシ・シャフト付(片側寄り)・ピッチ巻き・参考図面

(2017-08-29・30KB)

46チャンネルロールブラシ・シャフト付(片側寄り)・密巻き・参考図面

(2017-08-29・31KB)

諸注意
2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
株式会社やまうち製作所
〒453-0053
愛知県名古屋市中村区中村町7丁目50番地
TEL.052-411-8431
FAX.052-411-7061
工業用製品から家庭用雑貨にいたるまで、あらゆるブラシ製品を製造する総合ブラシメーカー
 
TOPへ戻る