構造とヒント-植え込みロールブラシ

植え込みロールブラシの製造工程

植え込みロールブラシ
・ロールブラシ植毛台に植毛穴を形成しその植毛穴に二つ折りの毛材を植え込む工法になります。                

・植毛穴は任意の穴径及び列数にて植毛可能です。
但し、植毛穴は基本的に止まり穴にしなければならないので、植毛するロールブラシ台はある程度の厚みが必要になります。          

・植毛穴深さは植毛穴径によります。
また植毛するブラシ材によっても規定の植毛穴深さを見直す場合があります。

・理論的に植毛穴は必ずロールブラシ台より内側に形成されることになります。
従ってブラシの毛はロールブラシ台外側寸法より内側から存在することになります。

・植毛穴は近辺の別の植毛穴と隣接するこはできない(間ができる)ことにより、植え込みロールブラシは目詰まりしにくい特徴があります。
                
・主なロールブラシ台として木台・樹脂台・アルミ台などがあります。
                
・ブラシ毛材は必ず固定金具(平板・ステープル)を中心に二つ折りにて跨ぎ、植毛穴より脱毛をおこさないように固く保持します。
                
・植え込みロールブラシの固定方法として植毛穴小径の「平線式」と植毛穴大径の「丸線式」があります。

・「平線式」はアルミや黄銅平線などの材質にて平板形状された、保持金具でブラシ材を二つ折りにし、脱毛しないように固定します。

・「丸線式」は亜鉛メッキ鉄線やSUS線などの材質にてステープル(又釘)形状された、保持金具でブラシ材を二つ折りにし、脱毛しないように固定します。

・「引き込みブラシ」のように人の手でロールブラシ台に植毛していく工法の場合、引き込み線はワイヤーやナイロン糸などでブラシ材を二つ折りにし、脱毛しないように固定します。

・ブラシ植毛後、最終工程にてブラシを指示寸法に刈り揃えます。
カッティング(毛刈り)は専用のカッターまたはバリカンなどで切り揃えます。

・ご不明な点があれば弊社・担当者までご連絡いただきますよう宜しくお願いいたします。

構造

丸線型(植え込みブラシの毛材固定方法)

 植毛穴径に対し、適量のブラシ毛材をステープルでかかえこみます。
ブラシ毛材をステープルで挟み込む様子
 ブラシ毛材をステープルをまたいで2つ折りにします。
ブラシ毛材をステープルにて2つ折りにする様子
 植毛穴の底面にブラシ毛材を打ち込み固定します。
ブラシ毛材を植え込む様子

平線型(植え込みブラシの毛材固定方法)

 植毛穴径に対し、適量のブラシ毛材を薄平板でおさえこみます。
ブラシ毛材を薄平板でおさえこむ様子
 ブラシ毛材を薄平板をまたいで2つ折りにします。
ブラシ毛材を薄平板にて2つ折りにする様子
 植毛穴の端面の壁にブラシ毛材を打ち込み固定します。
ブラシ毛材を植え込む様子

等分

植え込みロールブラシの円周2等分配列
植え込みロールブラシの円周2等分配列
植え込みロールブラシの円周8等分配列
植え込みロールブラシの円周8等分配列
植え込みロールブラシの円周8等分配列
植え込みロールブラシの円周8等分配列
植え込みロールブラシの円周12等分配列
植え込みロールブラシの円周12等分配列
植え込みロールブラシの円周12等分配列
植え込みロールブラシの円周20等分配列
植え込みロールブラシの密集植毛配列
植え込みロールブラシの密集植毛配列
植え込みロールブラシの密集植毛配列
植え込みロールブラシの密集植毛配列

植え込みロールブラシの植毛配置

並列型

植え込みロールブラシの並列植毛配列
植え込みロールブラシの並列植毛配列です。ブラッシング対象物から出るゴミ、ほこり等の目づまりが防げる利点があります。

千鳥型

植え込みロールブラシのちどり植毛配列
植え込みロールブラシの千鳥植毛配列です。ブラッシング対象物に全面的にあたります。植込ロールブラシでは最もこのパターン配列が用いられます。

V字型

植え込みロールブラシのV字配列
植え込みロールブラシのV字型配列です。ブラッシング対象物に全面的にあたります。ブラッシング対象物から出るゴミ、ほこり等外側に排出されやすい構造になっています。仮に周回転方向、配列パターンでは反対にゴミ、ほこり等が中央一極に集めやすくなります。

スパイラル型

植え込みロールブラシのスパイラル型配列
植え込みロールブラシのスパイラル配列です。ブラッシング対象物に全面的にあたります。ブラッシング対象物から出るゴミ、ほこり等が一定方向から排出されやすい構造になります。
植込ロールブラシのスパイラル配列
植え込みロールブラシのスパイラル配列です。ブラッシング対象物に全面的にあたります。ブラッシング対象物から出るゴミ、ほこり等が一定方向から排出されやすい構造になります。
スパイラルひねり角度(リード)はどのようにでも可能です。
植え込みロールブラシのスパイラル配列
植え込みロールブラシのスパイラル配列です。ブラッシング対象物に全面的にあたります。ブラッシング対象物から出るゴミ、ほこり等が一定方向から排出されやすい構造になります。縦に並んでいる3本は横に並んでいるものよりスパイラルひねり角度(リード)がきつい配列になります。
植え込みロールブラシの製作ヒント
ブラシサイズ・寸法など下図を参考にしてみて下さい。
■植え込みロールブラシ参考図面
植え込みロールブラシ参考図面の画像
■シャフト付き植え込みロールブラシ参考図面
シャフト付き植え込みロールブラシ参考図面の画像

(58KB)

植え込みロールブラシの簡易図面になります。さらに下段にも詳細な植え込みロールブラシ図面を設置しました。是非、ご活用ください。
※A4縦型サイズにてプリントアウトできます。
簡易式書き込み型のため直接、数値を記入していただいても結構です。
これらを参考にお好みの形状のブラシ制作図に発展させてみても良いと思います。
植え込みロールブラシの製作ヒント
植込ロールブラシでは、ブラッシング対象物との接触抵抗を考慮しスリップ防止策として様々な形式が有ります。
ロールブラシ樹脂台の2カ所の穴を利用し、まわり止めにしています。

ロールブラシ樹脂台の2カ所の穴を利用し、まわり止めにしています。

ロールブラシ樹脂台に90度ボルト止めにしてしっかり固定します。

ロールブラシ樹脂台に90度ボルト止めにしてしっかり固定します。

  半割れロールブラシ樹脂台に平面部を作り、まわり止めにしています。

半割れロールブラシ樹脂台に平面部を作り、まわり止めにしています。

ロールブラシ樹脂台に工夫したもの

ロールブラシ樹脂台に工夫があります。中央のものにはキー溝がつき両端のものは、1本溝がきってあります。これでまわり止めの役目を果たしています。

植え込みロールブラシのブラシ植毛面拡大部

右の植え込みロールブラシのブラシ植毛面拡大部です。超密集植毛になっています。

ブラシシャフトに溝をきり、まわり止めしたもの

ブラシシャフトに溝をきり、まわり止めにしています。ブラシ本体は2000Lでとても長いです。

ロールブラシ木台に、1本溝がきってあるもの

ロールブラシ木台に、1本溝がきってあります。これでまわり止めの役目を果たしています。

ロールブラシ樹脂台に切り欠きをつけたもの

ロールブラシ樹脂台に切り欠きをつけています。

ロールブラシ樹脂台にキー溝をつけたもの

ロールブラシ樹脂台にキー溝をつけています。取付シャフト側にもキー溝加工をほどこせば、まわり止めOK!取付は簡単になります。

 

植込み半割れロールブラシ

植込みロールブラシを半分の2つ割れにした形のブラシです。シャフト一体型の植込みロールブラシと異なる点は、2つ割れにすることで、1本のシャフトを永続的に使用ができ、老朽化したブラシのみを交換していくことで、安価なコストパフォーマンスが得られます。またユーザー自身で簡単に取り付けられるメリットもあります。
植え込み半割れロールブラシ樹脂台に取り付け加工をした例

植え込み半割れロールブラシ樹脂台に取り付け加工をした例です。

ザグリ穴にすることでキャップボルトごとブラシ樹脂台に治まる丁寧な作り方です。

 

植え込み半割れロールブラシ樹脂台の中央付近に取り付け加工をした例

植え込み半割れロールブラシ樹脂台の中央付近にも取り付け加工をしています。ブラシ全長が長い場合に両端だけでは中央部がシャフトから浮いてしまいますので取り付け部は多めにします。

 

植え込み半割れロールブラシ樹脂台に取り付け穴加工をした例

植え込み半割れロールブラシ樹脂台に取り付け穴加工をしたものです。

単純にシャフトごと長尺ボルトで取り付ける典型例です。

 

植え込み半割れロールブラシのシャフトと一体化した例

植え込み半割れロールブラシのシャフトと一体化したものです。3箇所センターで止めています。

 

植え込み半割れロールブラシのブラシバンド止めの例

植え込み半割れロールブラシの両端部で大きなバンドで締め付け固定する方法です。

植え込み半割れロールブラシの側面画像

植え込み半割れロールブラシの側面です。木ロールをまっぷたつ、半分で割れています。

大型(外径の大きい)の植込みロールブラシでは、ロールブラシ加工台が大きくなる傾向があります。そこで塩ビ管(塩ビパイプ)が頻繁に使われます。
塩ビ被膜ロールブラシの画像です

VP管規格表

呼称
    
外径
厚さ
近似
内径
基本
寸法
最大最小
許容差
平均許容差
最小
寸法
許容差
VP10
15
+  0.
−  20
+  0.
−  20
2.2
+0.6
10
VP13
18
+  0.
−  20
+  0.
−  20
2.2
+0.6
13
VP16
22
+  0.
−  20
+  0.
−  20
2.7
+0.6
16
VP20
26
+  0.
−  25
+  0.
−  20
2.7
+0.6
20
VP25
32
+  0.
−  30
+  0.
−  20
3.1
+0.8
25
VP30
38
+  0.
−  35
+  0.
−  20
3.1
+0.8
31
VP40
48
+  0.
−  40
+  0.
−  20
3.6
+0.8
40
VP50
60
+  0.
−  50
+  0.
−  25
4.1
+0.8
51
VP65
76
+  0.
−  50
+  0.
−  30
4.1
+0.8
67
VP75
89
+  0.
−  50
+  0.
−  35
5.5
+0.8
77
VP100
114
+  0.
−  65
+  0.
−  40
6.6
+1.0
100
VP125
140
+  0.
−  80
+  0.
−  50
7.0
+1.0
125
VP150
165
+  1.
−  00
+  0.
−  60
8.9
+1.4
146
VP200
216
+  0.
−  80
+  1.
−  25
9.2
+1.6
196
VP250
267
+  2.
−  20
+  1.
−  55
9.2
+1.6
247

VE管規格表

呼称
外径
外径
許容差
厚さ
厚さ
許容差
近似
内径
VE14
18
+  0.
−  20
2.0
+  0.
−  20
14
VE16
22
+  0.
−  20
2.0
+  0.
−  20
18
VE22
26
+  0.
−  25
2.0
+  0.
−  20
22
VE28
34
+  0.
−  30
3.0
+  0.
−  30
28
VE36
42
+  0.
−  35
3.5
+  0.
−  40
35
VE42
48
+  0.
−  40
4.0
+  0.
−  40
40
VE54
60
+  0.
−  50
4.5
+  0.
−  40
51
VE70
76
+  0.
−  50
4.5
+  0.
−  40
67
VE82
89
+  0.
−  50
5.9
+  0.
−  40
77

VT管規格表

呼称
外径
厚さ
内径
VT18×26
26
4.0
18
VT24×34
34
5.0
24
VT30×42
42
6.0
30
VT37×48
48
5.5
37
VT47×60
60
6.5
47
VT60×76
76
8.0
60
VT70×89
89
9.5
70
VT73×89
89
8.0
73
VT94×114
114
10.0
94
VT120×140
140
10.0
120
VT133×155
155
11.0
133
VT139×165
165
13.0
139
VT145×165
165
10.0
145
VT160×180
180
10.0
160
VT186×216
216
15.0
186
VT192×216
216
12.0
192

シャフト加工例

植え込みロールブラシを製作するにおいて抵抗が強い、負荷が大きい場合にはまわり止めをブラシ台やシャフト加工します。
シャフト加工例

図面ダウンロード

7植え込みロールブラシ・並列植毛・シャフト無し・参考図面

(2017-08-29・29KB)

8植え込みロールブラシ・千鳥植毛・シャフト無し・参考図面

(2017-08-29・31KB)

9植え込みロールブラシ・並列植毛・シャフト有り・参考図面

(2017-08-29・29KB)

10植え込みロールブラシ・千鳥植毛・シャフト有り・参考図面

(2017-08-29・31KB)

11植え込みロールブラシ・ヘリカル植毛・シャフト無し・参考図面

(2017-08-29・41KB)

12植え込みロールブラシ・ヘリカツ植毛・シャフト有り・参考図面

(2017-08-29・41KB)

13植え込みロールブラシ・スパイラル植毛・シャフト無し・参考図面

(2017-08-29・40KB)

14植え込みロールブラシ・スパイラル植毛・シャフト有り・参考図面

(2017-08-29・36KB)

15植え込み半割れロールブラシ・シャフト加工有り型・参考図面

(2017-08-29・26KB)

16植え込み半割れロールブラシ・シャフト加工無し型・参考図面

(2017-08-29・26KB)

17植え込み半割れロールブラシ・シャフト加工無し型(両端バンド止め)・参考図面

(2017-08-29・29KB)

諸注意
2018年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2018年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
株式会社やまうち製作所
〒453-0053
愛知県名古屋市中村区中村町7丁目50番地
TEL.052-411-8431
FAX.052-411-7061
工業用製品から家庭用雑貨にいたるまで、あらゆるブラシ製品を製造する総合ブラシメーカー