本文へ移動
https://www.brush-jp.com/files/libs/3711/201803270957076813.png
やまうち製作所はブラシの製造業だからこそ「ブラシを作りたい!!」を具体化させます。

「ブラシを改善したい!!」に提案いたします。
「同じブラシが欲しい!!」に応じます。
「工業用ブラシ」とは良質な工業製品を作るための「道具」です。
その工業用ブラシを製作することがやまうち製作所の「業(なりわい)」であり我々の「仕事」です。
 
「洗う」「削る」「隠す」「磨く」「遮る」「塗る」「除去する」「綺麗にする」「艶を出す」「掃除をする」といった目的に対し、植え込みブラシ・チャンネルブラシ・ねじりブラシ・ホイールブラシ・ロールブラシ・ワイヤーブラシなどの各種ブラシをブラシ職人が丁寧に製作いたします。

「直接取引OK!!」「最高の製品を最速で」ブラシの専門工場だからできることがあります。
少量から量産までブラシのことならやまうち製作所までお気軽にご連絡下さい。
 
 

やまうち製作所の紹介

brush-jp.comについて
                                       
インターネットの主たる役割として「広告・宣伝」「販売」「課金」に集約されるのではないか
と個人的に考えています。                                        
企業サイトとしては先ず「広告」であろうというのが自然であります。                                        
多くの質問の中にやまうち製作所さんはなぜ「企業名」+co.jpを採用しなかったのですか? 
コーポレートサイトとして普通にドメインとして会社名を使用しますのにどうして使わないのですか?
という内容です。                                        
ドメインを取得してかなり年月が経ちましたがいきさつを明らかにしておきます。
                                      
当初、サイトを立ち上げるにあたってyamauchiseisakusyo.co.jpが候補でした。本線です。                                        
ある日、間接的にある話を耳にする機会がありました。                                        
それは「ブラシ」を話題にする別会社様らの談話のものでした。                                        
A社・社員「名古屋に大好きなブラシ屋さんがあるんだ」
B社・社員「へぇ、それどこですか」                                        
A社・社員「やまうち製作所っていうところだけど」
B社・社員「そこ、うちと取引ありますよ。偶然ですね」
                                        
非常に短い会話の中に突き刺さるものを感じました。                                        
具体的な「やまうち製作所」より抽象的な「ブラシ屋さん」と呼ばれる方がブラシ業として嬉しかったのです。  
明確にそれで商いをしている所の「○○屋さん」って親しみを込めていい響きです。
                                        
社名の看板はとても大切ですが、その名前で社会に貢献しているのではなくブラシを製作することで立ち位置が確保できる。そのように考えた結果、すなわちyamauchiseisakusyoよりbrushの方が上位なのです。                                        
jpは勿論Japan、「MadeInJapan」最高品質の代名詞です。やはり日本の製造業として心根にしておきたい言葉です。日本製にて恥ずかしくない製品を作り続けるために付けました。                                        
「精度」「寸法」「面相」、全て当たり前のように日常的に馴染み深く、非常に重い単語です。 しかし、海外製の製品にはおそらく欠落している文字であろうと弊社は考えます。 
「ものづくりニッポン」を改めて意識し、肝に銘じながらブラシを作りたく思います。
 
com、先に戻ってコマーシャル「広告・宣伝」になります。      
gTLDドメインなのでAuthCode(オースコード)と呼ばれる認証コードも当然レジストラから取得し、開設し続けて参りました。
                   
何卒、今後ともbrush-jp.comを宜しくお願いいたします。                                        
                                        
スクロール画について  
                                     
ブラシ製造は特殊製造技能と考えます。製造機械は当然専用機械であり、汎用ではありません。
どこにも無い機械、レトロな機械、古くてもその機械でしか作れない。ブラシ製造はそんな世界です。
ブラシ製造専用機を操る職人や製作風景を紹介したいところですが・・・
どうもマニアックすぎて画像でも動画でもなかなか伝わりにくいと判断しました。
そこで弊社の雰囲気をマンガ化し、製造業の堅苦しいイメージを除いてみました。
弊社に関心がある皆様にWebサイトをご覧いただいた際に少しでも親しみがわくようにしたものです。                                        
ちなみにキャラクターは全て「ブラシの毛」を表現する個性派たちです。
独特の個性を活かしながらつながりを大切にする家族主義であります。
但し、やまうち製作所の職人(社員)らの「目標」は先ず上質なブラシを丁寧に製作をすることであり、その先にある「目的」は個々の課題克服もしくは個々の達成としています。                                        
「目標」があって「目的」が無いことは、まさに「作業」であって「仕事」ではないことを基軸にしているからです。
                                        
既にお取引き実績のあるお客様へ
ブラシを作らせていただきありがとうございます。感謝の意を表し、今後も良質なブラシを作り続けます。
初回・新規にお取引きになる(予定)お客様へ
明るくて元気のあるブラシ製作集団「やまうち製作所」をどうぞ宜しくお願いいたします。

工業用ブラシについて

やまうち製作所はたくさんのお問い合わせから新規に工業用ブラシを製品化してきました。
独自性の高いブラシを目的に合わせてオーダーメイドにて製作し続けていきます。
成果の出るブラシを高性能の道具としてご使用いただきたく思います。
 
【1】ご質問やお問い合わせの多いお客様
各種製造業の機械設計担当者様及び技術者様
機械・電機・建築・土木などのエンジニア様
電動・空圧などの動力を主とする機械設計技術者様
工業用製品の既存設備改善担当者様
工業用製品デザイナー様
生産技術や生産設備に携わる担当者様
各種製造業の研究員様
各種産業の購買担当者様
機械工具の専門商社様・メカトロニクスに関する商社様
 
【2】工業用ブラシが使用される分野
駆動機器/産業機器/工業機械/回転制御機器/ロボット機器/機械部品/FA機器/
工場設備/搬送機器/運搬機器/工作機械/農業機械/食品機械/特殊専用機器
 
【3】試作や少量生産について
ブラシ専門工場は多品種少量生産を得意とし対応いたします。
ただ、量産品価格と比較されると非常に苦しく、試作価格においてはご理解いただきたいところです。
一般的においしい食事や気配りのあるサービスや高機能商品や高付加価値商品は
それなりの価格帯でありますが、なるべくコストを抑えて工業用ブラシを提供いたします。
時には試作製品が効果測定をした結果、最初から求めている数字や加工物(ワーク)形状変化を
叶えることができないかもしれません。初期段階で弊社の営業担当者がブラシ設計条件をお伝えしますが
トライ&エラーを重ねて目標数値や思い通りの仕上がり形状に近づける作業になる可能性があります。
試作1回にて満足のいく結果を出すことに弊社も経験に基づいた提案をいたします。
ブラッシング効果はやってみないとわからないところもあり不確定要素を含んでいますが、
当社は前向きな失敗は成功への導線になると考えています。
 
【4】工業用ブラシの特性
工業用ブラシの難しいところは毛腰(剛性)であろうかと思われます。
A:ブラッシング対象製品や部位に対しキズをつけずに汚れや異物を除去したい。
B:キズは発生しないがブラシの毛腰がないので全く汚れや異物が取れない。
AとBのブラッシング効果は相反する結果にあります。
ブラシの毛腰(剛性)は毛丈やブラシ線径との相関性であり、具体的な数値
として表現しにくいところがあります。
工業用ブラシの特性として回転運動(動力)を用いた際にブラシ毛先は相手とぶつかる
衝撃力と研削力(引っ掻く力)を同時におこします。
研磨能力として衝撃(ハンマーリング)と研削(スクラッチング)を併用する特長があります。
 
【5】ブラシ専門工場の工業用ブラシ
切削加工やプレス加工後にブラシを使ってバリや異物を除去したい。
最終工程にてブラシを使って工業用製品をきれいにしたい。
作業環境をブラシを使って整備したい。
ブラシの柔軟性を活かして防御したい。
ブラシを使って生産目標数値を達成したい。
現状、使用しているブラシを改善したい。
加工物(ワーク)をブラシを使って見直したい。
やまうち製作所はブラシを使用しての、たくさんの「やりたいこと」をサポートしていきます。
何をやりたいかを詳細に教えていただければ要望に応えられる工業用ブラシを提案します。
ブラシ専門工場(ブラシ屋)と直接に相談することで現状抱えている諸問題や課題を早く解決することになり、
ご自身の抱えている他の仕事に時間をかけられます。
 
【6】ブラシ職人が製作する優秀な工業用ブラシ
◎優れた工業用ブラシを製作するうえで適材なブラシ毛材を選定します。
◎優れた工業用ブラシを製作するうえで使用目的にあったブラシ設計をします。
◎安全性、作業性を重視した使いやすいブラシを製作します。
◎加工寸法を守り、きっちり仕上げきった優れた工業用ブラシを提供します。
やまうち製作所に寄せられる最も嬉しいお言葉として・・・
*そのブラシが無ければ生産性が落ち、労働生産性向上につながらない。
*そのブラシが無ければ良質な工業製品ができずに非常に困る。
労働生産性とは、決められた時間内に所属する社員各人が生み出す付加価値であり、
製造業においては非常に重要な項目です。
上記は単純に表現すると無くてはならない、必要不可欠なツールとして認められたありがたいお声です。
当社は工業用ブラシを通じてこだわりのものづくりに役立っていきたいと考えています。
 
【7】工業用ブラシ(製品)の納期について
一般的な汎用性のあるブラシは製品在庫として常時置いてありますが、多数の工業用ブラシは各ユーザー様仕様にて都度、注文をいただいてから製作にかかります。
そのために納入期日(納期)は発注をいただいた数量にもよりますが、おおよそ2~3週間を目安に納品いたしております。不慮の製造機械トラブルの場合はあらかじめ納期延長の報告をいたします。
また、同様にブラシ部以外の必要部品や付属部品の仕入れに支障をきたした場合も早急に納期延長のご連絡をいたします。
納期においてご迷惑がかからないよう普段から製造機械のメンテナンスやサプライチェーンに気を配るよう心がけています。
 
【8】工業用ブラシ(製品)の送料について
弊社製造のブラシは送料がかかります。製品発送元は名古屋になります。
配達地域・配達サイズにもよりますが遠方地を除き、集配ドライバーが容易に持てる重量にておおよそ1個あたり¥1000~¥1500になろうかと思います。
重量が重い荷物・嵩ばる大きな荷物・木箱梱包製品・長尺梱包製品・異型梱包製品などは別途、お見積もり提出時に送料をお伝えいたします。
尚、悪天候や自然災害などで荷物が遅れる場合は事前にご連絡いたします。
 
2018年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2018年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
株式会社やまうち製作所
〒453-0053
愛知県名古屋市中村区中村町7丁目50番地
TEL.052-411-8431
FAX.052-411-7061
工業用製品から家庭用雑貨にいたるまで、あらゆるブラシ製品を製造する総合ブラシメーカー
 
TOPへ戻る