本文へ移動

ブラシの取り扱いに関するご注意

高品質な工業用ブラシを安全かつ効果的にお使いいただくためのご注意事項になります。

作業前

:加工作業に適切なブラシを選定して下さい。
:ブラシを使用し加工する前に作業に使用するブラシかを目視で確認して下さい。
:特に金属線ですが毛材の折れ・欠損・ばらつき・錆びが無いことを点検して下さい。
:高湿度・高温度下の使用環境では特にブラシ線材が痛みます。使用環境にはご注意願います。
:再度ブラシをする際に既に使用されたブラシに異物が挟まったり、溜まったりしていないか確認して下さい。

ブラシの装着

:加工する相手物を万力やクランプでしっかりと固定して下さい。
:電動工具や使用する機械の最高使用回転数を必ず守って下さい。
:ブラシの許容回転数を超える場合はブラシの使用を控えて下さい。
:電動工具や使用する機械の安全カバーや保護フードが確実に取り付けられ安全な作業状態か確認して下さい。
:マジックテープやマグネットなどの簡単で安易な固定方法は避けて下さい。

作業

:汚れの飛び、スケール・バリ・スパッターなども飛散します。長袖の作業着を着てください。
:金属線の金属疲労による飛散は危険です。保護メガネ・保護マスク・ヘルメット・皮手袋などを着用して下さい。
:飛散するブラシ線材は周囲に飛散します。作業者以外の他作業員も注意喚起をして下さい。
:回転するブラシを使用する際に機械に巻き込まれないよう軍手には注意して下さい。
:回転するブラシを使用する際に機械に巻き込まれないよう袖口には注意して下さい。
:爆発や引火の可能性があるものの近くでブラシを使用する作業は危険なので控えて下さい。
:姿勢を整えた状態で安全な環境下にてブラシを使用して下さい。

試運転

:回転させるブラシは必ず低速からブラシの動きを確認して下さい。
:回転させるブラシは必ず低圧力から当てて下さい。
:確実にブラシを取り付け、回転方向を確認後に作業をして下さい。
:確実にブラシを取り付け、ある程度の時間を実際の使用回転速度で試運転を行って下さい。
:試運転の際にブラシを回転させることで異常な音などが聞こえる場合は作業を中止して下さい。
:試運転の際にブラシを回転させることでバランスを確認して下さい。
:試運転の際にブラシを回転させることで芯ブレや振動が無いことを確認して下さい。

NG

:毛材の欠損や毛材の折れの原因になるため、ブラシに過度の圧力を与えないで下さい。
:焼付けが発生する原因になるため、ブラシに過度の圧力を与えないで下さい。
:ブラシの本来あるべき寿命を短くしてしまうため、ブラシに過度の圧力を与えないで下さい。
:工具ごと跳ね飛ばされる危険性があるため、ブラシに過度の圧力を与えないで下さい。
:異常に気がつきながらブラシを使用し続けることは事故につながります。作業をやめて下さい。

使用後

:使用されたブラシに付着している異物は取り除いて下さい。
:安全な場所にブラシを保管して下さい。
:高湿度・高温度下の保管状況では特にブラシ線材が痛みます。保管環境にはご注意願います。
2019年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2019年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
株式会社やまうち製作所
〒453-0053
愛知県名古屋市中村区中村町7丁目50番地
TEL.052-411-8431
FAX.052-411-7061
工業用製品から家庭用雑貨にいたるまで、あらゆるブラシ製品を製造する総合ブラシメーカー
 
TOPへ戻る