タイトル

洗浄・研磨・清掃・バリ取りなどの用途に適した工業用ブラシを製造します。

ねじりブラシ

2本または4本の針金の間に毛を挟み、ねじり加工をしたブラシをねじりブラシといいます。
基本的なシングルねじりブラシは普段生活している中でもよくみられます。

 

コップ洗いブラシ、化粧品(マスカラの先)、たわし、細管の内面を洗うブラシ、歯間ブラシなど
またシングルねじりブラシの特徴として容易に曲げ加工がしやすいのがあげられます。

  • 製造業
  • 加工業
  • 精密機器製造業
  • 建設業
  • メンテナンス業
  • 伝道機器製造業
  • 各種産業
  • 削る
  • 剥がす/除く/払う
  • 塗る
  • 洗浄する
  • 清掃する
  • 磨く
  • 表面処理
  • 製品仕上げ(研磨・光沢)
  • 異物除去・バリ取り
  • 汚れ・サビ・塗料等の付着物の除去
  • 除電・導電
  • 運搬・搬送
  • 防止用・抑制用

ねじりブラシの「構造とヒント」

原料

亜鉛メッキ線、ステンレス線(S,S)など

仕様

■ねじりブラシの分類

シングルねじりブラシ 2本の針金でねじり加工をしたブラシ
ダブルシングルねじりブラシ 2本ずつの針金でねじり加工をしたブラシ
ダブルねじりブラシ 4本の針金でねじり加工をしたブラシ

※ダブルシングルねじりブラシとダブルねじりブラシの違いは挟み込む毛量が違う為ダブルねじりブラシの方が高密度です。
一般的にはシングルねじりブラシかダブルねじりブラシに分けられます。

基本的なダブルねじりブラシは、主に工業用製品でよくみられます。シングルよりダブルでねじることにより軸径を太くし、芯を極力だすようにします。(精度、耐久性UP)また毛量もシングルねじりブラシよりダブルねじりブラシの方がぐっと増えます。
当然家庭用に比べ工業用ねじりブラシはハードに使われる場合が多いので、線材も太く金属線、綱線、研磨材ナイロンなどを挟みこんで耐えうる構造となっています。

製品例

たわしができるまで

 

製品例

ねじりブラシ(シングルねじり)です。

ねじりブラシ(シングルねじり)です。

ねじりブラシ(ダブルねじり)です。

ねじりブラシに曲げ加工をしたものです。細管、フラスコ、ビーカー、コップなどの異形な物に対しての内側を特に掃除をするのに有効です。ちなみにシングルねじりブラシでしか曲げ加工はできません。

シングルねじりブラシです。先端を細い針金で縛り、ねじり金属部をかくすポピュラーな型です。この加工によりブラッシング対象物に傷をつけないという利点もあります。

シングルねじりブラシの外径の小さな類です。極小内径を掃除するのに役立ちます。他に極小外径といえば、歯間ブラシ。塗りという点ではマスカラの先などがあげられます。

曲げ加工にしてキッチンたわしにしました。/p>

お問合せ
諸注意